前へ
次へ

行政書士が使うバッジとは

弁護士や行政書士などの士業はスーツの襟にバッジを付けます、これは正確には「徽章」(きしょう)といいま

more

行政書士さんのバッジについて

議員や、弁護士などでバッジがあるのは皆さんご存知ですね。実は他にも数多くの種類があるのです。ここでは

more

コスモスが描かれたバッジです。

資格試験に合格し、実際に行政書士となって仕事をするためには、行政書士会へ入会する必要があります。ここ

more

行政書士バッジのデザインはコスモスです。

行政書士は、法律を行う国家資格であり、業務を行うときはバッジを常に着用することが規定されています。行政書士のバッジは、正式名称を徽章といい、規則により制定されています。バッジは純銀のものを金メッキしていて、デザインは秋桜、別名コスモスの花弁10枚に花の中に行の文字が記載されています。コスモスの花言葉は、調和と真心です。社会調和を図り、誠意をもって公正、誠実に職務を行うことを通じて、国民と行政の絆として、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献するという行政書士の使命を表しています。バッジは行政書士会の登録証授与式の際に登録証交付を済ませ、後で購入します。ねじ式とピン式があり、好きな方を選ぶことができます。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

行政書士のテストでの合格点

行政書士の試験を受けるうえで気になるのが合格点と合格基準です。果たしてどのくらいが合格のボーダーラインかというと、全体の試験科目でおおよそ60%の割合で点数を獲得していれば試験は合格するようです。とにかく各科目で6割以上の点数を獲得していれば無難ということです。合格基準としては1、行政書士の業務に関する必要な法令等科目の得点が「122点」以上2、行政書士の業務に関する、一般知識等の科目の得点が「24点」以上3、試験全体の得点が「180点」以上、獲得していることです。一番得点が多い科目はというと、どうやら行政法と民法だそうです。行政書士の合格率は年々減少してきているため、しっかり勉強し、努力する必要があります。

Page Top